• 日本発中国行
  • 上海発着便
  • 中国各地発着便
  • 上海発着国際線
  • 昆明発着国際線
  • 時刻表 e-book
  • 路線(就路都市)案内
  • 保有機材
  • 当日の運航状況
  • 空港案内
  • 乗り継ぎ案内
  • スルーチェックインサービス
  • 手荷物のご案内
  • チェックイン
  • ラウンジ
  • ビザ情報
  • 各クラスのサービス
  • 機内食サービス
  • エンターテイメント
  • 機内販売
  • スペシャルサービス
  • イースタンマイルズについて
  • メンバーシップとレベル特典
  • マイルをためる
  • マイルをつかう
  • オンライン予約
  • オンライン予約方法

HOME | 手荷物のご案内

法人のお客様総合窓口

トラベル情報 Travel information 空の旅に便利な情報をご紹介いたします。

手荷物のご案内

無料受託許容量(受託手荷物=預け荷物)(※日本線、ヨーロッパ線、オーストラリア線)

ビジネスクラス 1個当たりの重量が32kg以内の荷物を2つまで
エコノミークラス 1個当たりの重量が23kg以内の荷物を2つまで

お荷物のサイズは、3 辺の和が158cm以内となります。
同日乗継でない場合、路線によってその区間の無料手荷物許容量は20kg以内の荷物1つまでとなります。
これを越える手荷物をお持ちの際は規定により超過料金を申し受けます。
座席を確保されていないお子様(2 歳未満)の無料受託手荷物は、同行する大人と同じ規定重量の手荷物1個まで(大きさは3 辺の和が115cm 以内)、その他お客様が使用される折り畳み可能なベビーカー1台を無料でお預かりします。

危険物・注意が必要な手荷物

以下に該当するものは法令により、機内への持ち込み・お預かりができませんので予めご了承ください。詳しくは弊社支店までお尋ねください。火薬類(花火含む)・高圧ガス・発火/引火性液体・可燃性物質類・酸化性物質類・腐食性物質類・放射性物質類・毒物類(殺虫剤含む)・その他有害物、また石油ストーブなどの引火性液体などの危険物を燃料とする製品は、使用済み、新品にかかわらず機内への持ち込み、受託手荷物としての取り扱いができません。マッチ、ライターについては弊社運航の全便で持ち込みが禁止されています。

機内への持込・お預かりできない手荷物

以下に記載のお手荷物の取り扱いには充分注意をしますが、お預かり後、万一損害が生じても、その責任は負いかねますのでご了承ください。楽器・スポーツ用品(サーフボード、自転車など)・陶器・ガラス製品・酒類などの壊れやすいもの、過重量・過容量による手荷物破損、老朽化などの手荷物固有の不具合に起因した破損、着脱式キャスター・ストラップ・フック・名札などの欠損、内容品の破損、変質、微妙な破損(擦り傷・切傷・へこみ・汚れ)も同様に免責とさせていただきますので予めご了承ください。

リチウムイオン電池の機内持ち込みやお預けについて

リチウムイオン電池 持ち込み お預け 数量
電子機器(本体)、パソコン、携帯、カメラ等 100Wh以下 × -
上記電子機器(本体)及び電気機器の
※予備電池(充電式バッテリー)
100Wh~160Wh × 1人
2個まで
160Wh以上
※リチウムイオン電池内臓の電動車椅子は要確認
× × -

注意:※予備電池は絶縁処理されているものに限ります。
上記リチウム電池を含む電子機器をお預けになられた場合、乗継時にお手荷物の開被検査の対象となります。
開被検査を行うとお荷物の延着や未着の原因となりますので、お預けにならないようご注意ください。
またこの件に関して発生した損害は補償致しかねますので予めご承知おきください。

超過料金について

サイズオーバー 158cm以上203cm以下:荷物1つにつき1,000人民元
204cm以上:荷物1つにつき2,000人民元
※204cm以上の荷物はお預かりできない場合があるため、事前に必ずお問い合わせください
重量オーバー 23kg以上32kg以下:荷物1つにつき1,000人民元
※32kgを超える荷物についてはお預かりできません
個数オーバー 1個:1,000人民元
2個目からは(荷物1つにつき):2,000人民元

サイズ・重量・個数のオーバーはそれぞれの超過分徴収額を加算して徴収となります。
(例)三辺の和が180cm、重量28kg の荷物の場合を1 つ+ 規定内の荷物を1つの合計2つの場合:1,000人民元
(サイズ)+1,000 人民元(重量)=2,000 人民元

機内持込手荷物

  • 重さ10kg 以内で三辺の合計が115cm 以内(各辺の最長、高さ55cm、長さ40cm、幅20cm)のもの1個。機内の収納棚、座席下に収まるものでなくてはいけません。
  • ※マッチ、ライターについては、弊社運航の全便で持込が禁止されています。

日本発着便・液体物機内持ち込み制限

国際民間航空機関(ICAO)のテロ警戒レベル引き上げに伴い、国土交通省より日本発着便(乗り換え、チャーター便含む)全ての国際線を対象とした機内に持ち込む液体物に関するガイドラインの通達がありました。お客様には大変ご面倒をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします(2007年3 月31日より実施)。なお、保安検査に時間がかかることが予想されますので、お早めに空港へお越しください。

制限対象物(一部抜粋)

飲料類… … … … … ジュース、清涼飲料水、お茶、乳飲料、アルコール類など
調味料… … … … … 醤油、マヨネーズ、ドレッシングなど
調理品・食料品類… レトルトパック、スープ、乳製品、缶詰、プリン、ゼリー、アイスクリームなど
化粧品類… … … … ファンデーション、クリーム、マニキュア、ローション、リップ、香水、シャンプー・リンス、歯磨き粉など
他… … … … … … … 万年筆インク、染み抜き剤、接着剤など

例外として機内持ち込み可能な物

医薬品類、ベビーミルク/ ベビーフードなど・・・これらが機内において必要であることを示さなければならない場合があります(処方箋の写し、病名等がわかる医師の診断書等)。ベビーミルク/ ベビーフードは乳幼児のお客様が一緒にご搭乗される場合に限ります。保安検査後の免税店等で購入した酒類等は機内持ち込み可能です。ただし、お乗り継ぎのあるお客様は、各国のルールに従い没収されることがあります。

機内持ち込み許容量

液体類の機内持ち込みが以下のとおり制限されます。なお、当ルールは、受託手荷物には適用されません。あらゆる液体物は、100ミリリットル以下の容器に入れてください。

100ミリリットルを超える容器に100ミリリットル以下の液体物が入っている場合でも不可となります。
液体物の中には、ジェル状のもの( 歯磨き、ヘアジェル等)、エアゾール、スプレーなども含まれます。それらの容器を再封可能な容量1リットル以下のジッパーの付いた透明プラスチック袋に余裕をもって入れてください。
中の容器が一杯で、密封できない場合は、密封できる程度に中身を廃棄していただくことになります。
100ミリリットル以上の容器や、透明プラスチック袋がない場合も、容器を廃棄していただきますのでご注意ください。
お客様1 人当たりの持ち込み可能な袋の数は1 つです。
透明プラスチック袋を、他の手荷物とは別に、検査場において検査員に提示してください。
透明プラスチック袋については、販売している空港もありますが、空港での混雑を避けるため、 ご自宅でご準備ください。

手荷物の紛失について

受託手荷物(預け入れ荷物)が紛失した場合

出発時にお預けいただいた荷物が到着時に受取所(ターンテーブル)から出てこない場合、直ちに係員までご連絡ください。荷物の詳細等をお伺いし、捜索の ための書類を作成します。照会番号を記載した写しをお渡ししますので、書類は必ず手元に保管しておいてください(荷物預かり時にお渡しする引換証(クレームタグの半券)が必要となるので、荷物をお受け取りになるまではなくさないようにお願いします)。

機内で忘れ物をした場合

飛行機の客室内で忘れ物をされた場合は到着空港での対応となります(中国到着便での忘れ物は中国の各空港、日本到着便での忘れ物は日本の各空港)。到着後すぐに到着空港のカウンターまたはスタッフへご連絡ください。中国の空港の場合はここからリンクするWEBサイトでも確認が取れます。